手動、自動、およびハイブリッドのアクセシビリティ・テストについて知っておくべきすべてのこと

テストは早めに、そして頻繁に。この古典的なモットーは、アクセシビリティに配慮したウェブサイトを維持する上でも変わらないものです。

しかし、何から始めればよいのか、どうすれば正確な結果が得られるのかを知るのは難しいものです。多くの無料ツールやチェッカーがオンラインで提供されています。これらは、より明白な問題を素早くスキャンするのには適していますが、ウェブサイトのより深い問題をキャッチしたいのであれば、これらだけに頼るべきではありません。

ウェブアクセシビリティの監査とメンテナンスには、3つのアプローチがあります。

  1. 綿密なマニュアルテスト
  2. 高品質なソフトウェアソリューションを使用した自動テスト
  3. 手動と自動の手法を組み合わせたハイブリッドアプローチ

ここでは、それぞれのテスト方法の利点を確認し、どのアプローチが自社に最適かを判断していただきます。

手動アクセシビリティテスト

手動アクセシビリティ・テストでは、人やチームがウェブサイトの個々のページやコードを調べ、アクセシビリティ上の問題がないかどうかをチェックします。

手動テストは、以下との互換性をチェックするのに最も効果的です。

  • スクリーンリーダーなどの支援技術
  • キーボードナビゲーション
  • ブラウザのプラグイン(例:HTMLとJavaScript

主な利点:手動テストの利点は、訓練された目と支援技術の知識があれば、自動化されたツールでは検出されない可能性のある問題をキャッチできることです。社内にアクセシビリティの知識がなくても、アクセシビリティの専門家がWebサイトをレビューしてくれる手動テストサービスがあります。

ユーザーテスト

Webサイトのアクセシビリティの問題を手動でチェックする最も効果的な方法の1つは、障害者の協力を得ることです。彼らが実際にWebサイトを使用した経験は、他に類を見ないものであり、あなたが見落としているサイトの問題点を明らかにしてくれる可能性があります。

ユーザーテストを実施する際には、テスターが快適に過ごし、実用的な結果が得られるように、常に事前に計画を立てる必要があります。ここでは、ユーザーテストを行う前に考慮すべき点をいくつかご紹介します。

  • どのような結論を得ることを望んでいるか、明確な範囲と目標を持つ
  • テスト資料を準備し、支援技術(例:画面読み上げソフト)が機能するようにする
  • 邪魔が入らないように、快適で静かな環境を作る
  • どのような結論を得ることを望んでいるか、明確な範囲と目標を持つ
  • すべてのフィードバックを注意深く観察し、検討する。1人の障害者からのフィードバックがすべての障害者に当てはまると思わないでください
  • 自分の進歩を記録して報告するために、テストセッションを記録することを検討してください

ユーザーテストの概要については、「ユーザーテストにおける障害者の参加」の記事をご覧ください。

ユーザーテストは、アクセシビリティの問題を効果的に把握することができますが、すべてを網羅しているわけではないことに注意してください。EUウェブアクセシビリティ指令などのアクセシビリティ規制への準拠を目指すのであれば、定められた要件に適合しているかどうかを確認する必要があります。

自動化されたアクセシビリティ・テスト

自動アクセシビリティ・テストは、ソフトウェア・ソリューションを使用して、ウェブサイトや文書を自動的にチェックします。自動化されたソリューションは、ウェブサイトのコードをスキャンして決定的なエラーを見つけたり、注意が必要な潜在的な問題にフラグを立てたりします。通常、これらの自動化されたソフトウェア・ソリューションは、Webコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)のような認識された基準に照らしてWebサイトをチェックします。

主な利点:自動化されたソリューションを使用することで、コードの行数に目を通す時間と労力を節約することができます。また、繰り返し発生する問題を簡単に特定することができ、これは非常に重要なことです。

あまり知られていないかもしれませんが、組織にとってのトレーニング効果もあります。高品質の自動アクセシビリティ・ソリューションは、単にエラーを警告するだけでなく、アクセシビリティの問題を指導し、教育することができるため、テストを実行すればするほど、アクセシビリティに関する知識が深まります。

理想的な自動テストソリューションには、進捗状況の追跡、タスクの優先順位付け、およびレポートの作成を容易にするツールも含まれています。レポート作成は、アクセシビリティ規制のコンプライアンスを維持するための重要な要素であるため、進捗状況を追跡する信頼性の高いグラフを自動的に生成できるツールは、時間の節約に大きく貢献します。

ハイブリット・アクセシビリティ・テスト

アクセシビリティは、その性質上、ウェブ、コンテンツ、デザイン、QAなど、さまざまな部門にまたがる問題であるため、協力的なアプローチが必要です。そのため、手動テストとアクセシビリティテストをハイブリッドで使用することで、アクセシブルなWebサイトをできるだけ効率的に実現するために必要な柔軟性を得ることができます。

主な利点:ハイブリッド・アクセシビリティ・テストは、自動テストと手動テストの利点を活かし、組織のニーズや目標に応じてテストをカスタマイズできるようにします。例えば、組織内にアクセシビリティに精通した人材がおらず、手動テストサービスが選択肢にない場合、自動テストソフトウェアが作業の大部分を処理することができます。そのため、手作業による負荷が軽減され、社内で受け持つことが可能になります。

ハイブリッドテストのアプローチを考える際に考慮すべきその他の要因は以下の通りです。

  • お客様のウェブサイトの規模
  • 担当しているウェブサイトの数
  • コンテンツマネジメントシステム(CMS)がどれだけアクセス可能で使いやすいか

テストの支援

アシストテストとは、半自動のテスト方法で、自動化されたソフトウェアがウェブコンテンツを診断するのに役立つ質問にあなたが答えるというものです。

このタイプのテストは、自動テストと手動テストのアプローチを組み合わせることで、正確な結果を得ることができるという好例です。自動化されたテストの使いやすさと、人間の知識で結果を微調整する能力が得られます。

アシストテストの利点は、アクセシビリティの専門家である必要がないことです。基本的な技術知識があれば、チームの誰もがこのソリューションを使用して、より迅速にテストを行うことができ、同時にアクセシビリティの問題についてより多くの知見を得ることができます。

組織に適した方法の選択

Webサイトにアクセシビリティの問題がないかどうかをテストすることは、継続的なプロセスであり、チームの通常のワークフローの一部であるべきです。そのため、ウェブ、QA、コンテンツ、およびデザインの各チームと最初から話し合うことが重要です。

自分の組織に適したテスト方法を選択する際、どちらか一方を選ぶ必要はありません。最も最適な結果を得るためには、ニーズ、テストするウェブサイトの数、予算、社内のアクセシビリティに関する知識などに応じて、自動テストと手動テストのアプローチを組み合わせてみてください。

自動テストと手動テストの併用方法を示す、いくつかの異なるシナリオを見てみましょう。

プロセスの早い段階での自動テスト

すべてのコードが完成したとみなされる前に、Siteimprove Accessibility Checker Chrome Extensionなどの自動化されたアクセシビリティツールでチェックされることを義務付けることで、ボトムアップ式のアプローチを検討します。開発プロセスの早い段階で自動テストの強固な基盤を採用することで、問題を根本から解決することができます。あなたのチームが複数のページを持つ複数のウェブサイトを担当している場合、ウェブチームの作業プロセスにこのような簡単な追加作業を加えることで、コードがウェブサイトに実装された後に問題を修正しなければならない場合と比較して、組織の手作業を何時間も減らすことができます。

定期的なマニュアルテストのフォローアップ

しかし、手動でのテストを完全に排除すべきというわけではありません。定期的にユーザーテストを行うことを計画すべきです。このマニュアルテストは、ソフトウェアでは代替できない人間の視点で、ウェブサイトの実際の使い勝手を評価するための不可欠な方法です。このようにして、アクセシブルなウェブサイトを設計することが、実際にウェブサイトの訪問者に最高のユーザー体験をもたらしていることを確認することができるのです。

自動テストツールによる進捗管理

日々の仕事に追われていると、自分の成長を記録することを後回しにしてしまいがちです。しかし、いざ経営陣に報告書を提出するとなると、自分の歩んできた道を辿らなければなりません。そこで必要となるのが、レポーティングツールを内蔵した自動テストソリューションです。このような自動化されたソリューションでは、問題の追跡、タスクの割り当て、結果の文書化などをすべて一度に行うことができます。

どのようなテスト方法を選択しても、あるいは複数の方法を組み合わせても、アクセシビリティへの理解が深まり、誰もが楽しめるインクルーシブなユーザーエクスペリエンスの実現に向けて大きく前進することができます。

ウェブサイトのテストを始めてみませんか? Siteimprove Accessibility Checkerを使って、Webサイトにアクセシビリティの問題がないかチェックし、すぐに結果を確認してください。

前へ

強力なウェブサイトのセキュリティがもたらすビジネス上のメリット

次へ

【必読】ウェブサイトのリニューアル時によくある9つのSEOエラー